HOME

【お知らせ(マウスでクリック)2010-10-04】

最新の記事 / < 新しい記事   前の記事 >

津軽鉄道のカーペット(じゅうたん)@ホテルパークイン五所川原エルムシティ

記事ID別・パーマリンク: http://www.streetcar.jp/blog/index.php?e=914
記事タイトル: 津軽鉄道のカーペット(じゅうたん)@ホテルパークイン五所川原エルムシティ
記事YMD別・パーマリンク: http://www.streetcar.jp/blog/index.php?d=20101027
 に有る「」。 そのフロントデスク前に敷いてある、です。 (^-^)

 今年8月28日(土)-29日(日) 訪問の際に宿泊しました。


 なんでもこのカーペット・2種類有るそうで、交代で使用しているので何回か宿泊しないと両方見る事が出来ない・・・ と言う、なかなかのレア物であります。 φ(..)メモメモ

 モデルの車両は、でしょうか? チェックインする際も、列車を踏んでは行けないとw 気を使いますです。 ハイ!w (^^A

 写真で見て頂けると分かりますが、カーペットその物も、相当大きくきれいな物でした。


 実はこのホテル、前々からぜひ宿泊してみたいと思っていたのですが、駅からすこし距離が有るので、 ( だそうです ) かタクシーを利用する必要が有ります。

 夜遅くのチェックイン・朝の早いチェックアウトが必要な時は、なかなか宿泊の機会を作れずにいました。


 今回・津軽鉄道85周年記念イベント訪問の際、現地でレンタカーを利用しましたので初めて宿泊してみました。

 とてもきれいなホテルで、家族連れで観光旅行等で宿泊するのにとても良いですね。 目の前には巨大なが隣接して有りますので、現地でも大抵の物は手に入ります(間に合います)。 (^_^)V



 ぜひ津軽鉄道のカーペットを見に? このホテルに宿泊しましょうね。 ヨイショ!w (^_^)


参照リンク / TB ping送信先:
カテゴリー【鉄道】

| カテゴリー:鉄道 | 00:00:00 | comments (0) | trackback (0) |

由利高原鉄道 鳥海山ろく線 (2010年10月)

記事ID別・パーマリンク: http://www.streetcar.jp/blog/index.php?e=913
記事タイトル: 由利高原鉄道 鳥海山ろく線 (2010年10月)
記事YMD別・パーマリンク: http://www.streetcar.jp/blog/index.php?d=20101026

 です。 10月上旬に訪問して来ました。 (多分、十数年ぶりの再訪ではないかと思います。)


 前回もは見えませんでしたので、今回こそは! と・・・ でも今回も、やはり曇りの天気で鳥海山は見えず。 (ーー;) (またいつか、あらためて来ないといけませんね!)


 鉄道と徒歩で写真を撮り歩きましたので、事前に目星をつけておいた撮影場所と、当日・車窓を見ながら「ここは良さそうだ!」と思って下車した駅付近などで、写真を写しました。


 晴れたり曇ったりの天気でしたので、曇天の空はあまり写真に写らない様にし、景色の良さそうな所を探しましたが如何でしょう? (^^ゞ


 この由利高原鉄道沿線も、なかなか景色が良い所が多いですね。 四季を通して写真を写せたら、とてもきれいな写真が写せそう。


 前回(十数年前?)に来た時と違って、がきれいな駅舎に建て替えられておりました。 でも、駅前の大きな木は昔と変わらず。 \(^o^)/


 今回はさんが乗務したり、矢島の駅では発車間際にお見送りをされていたりと、とても活躍されていました。 (^_^)/ そうそう! 、にぎやかでお元気でいいですね。 (^o^)


 たまたま、「」は車庫で寝ていて? 見る事が出来ず残念でした。


 由利本庄市は、に取り組んでいるそうです。 これからも由利高原鉄道は、地元の公共交通として益々活躍してほしいと思います。


【追記】
 車内で見かけた、病院通院者のための、事前予約の施策「診療予約サービス」。 どの程度・利用者が有るのか分かりませんが、特に交通弱者層へのきめ細かいサービスだと思いました。
( 青い枠線内の写真をクリックすると、全体を拡大表示します。)

【おまけの写真】
 ちょうど短時間、小雨がシャワーの様に降った後・空がサッと青空に!
 駅で雨宿りがてら列車を待っていたのですが、なんと山を背景にきれいな虹がかかりました。
 これはとても驚きました! そして驚いたとともに、「なんとか、もう少しの間・このきれいな虹が続いてくれないか?」そう心の底から願ったのでした。
 なぜって?
 虹の下、築堤(土手)の部分は、鉄道(由利高原鉄道)が走っている場所なのです。
 「頼むから、次の列車が来るまで・この虹が続いていてくれます様に!」
 でも残念ながら、数分で消えてしまいました。 その5分ほど後に、この土手の上を「おばこ号」が走って来たのでした。


【このブログ内の関連記事】
 2010年10月26日:由利高原鉄道 鳥海山ろく線 (2010年10月)
 2010年10月25日:

参照リンク / TB ping送信先:
カテゴリー【鉄道】



| カテゴリー:鉄道 | 00:00:00 | comments (0) | trackback (0) |

最新の記事 / このページの一番上へ / < 新しい記事   前の記事 >


<<前の2件 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | ... | 460 | 次の2件>>

[読み易く] [標準]
文字[大] [標準]


follow me on twitter
@streetcar
Follow me !

@portram
こちらはBot(無人投稿)アカウントです

プロフィール

カテゴリー

アーカイブ


カウントダウン

リンク


スクリプト



新着記事


アクセスランキング


検索



コメント


トラックバック

144

シンジケート

この日記のはてなブックマーク数 del.icio.us - Everybody's bookmarks
track feed
Locations of visitors to this page

Amazon 広告


Google 広告


ValueCommerce広告

spacer.gifspacer.gifspacer.gifspacer.gifspacer.gif
ベストリザーブ

LinkShare広告

 iTunes Music Store(Japan)spacer.gif iTunes Store(Japan)spacer.gifANAの旅行サイト ANA SKY WEB TOURspacer.gif











▼ テスト

テスト


アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業